男性

頼ってはならない保険

そろばんと硬貨

あくまでも一時的な保証

不動産投資は簡単にできる投資方法の一つです。その理由は、不動産投資斡旋会社が多くなってきたことから管理など手を煩わせずに投資を行えるようになったからです。さらに不動産を将来的に資産として残すことができるメリットがあります。ローンを組んで購入した不動産を長期間を投資することになりますが、常に安定して入居者がいるとは限りません。単身向けの住宅は出入りが激しい特徴も持っています。そのため空室になり家賃収入が途絶える期間も発生するのです。そこで役に立つのが家賃保証です。家賃保証は空室になっている期間の家賃を負担してくれる保険のようなものです。毎月の掛け金を一定額支払うことでいざ空室になったときに家賃を代わりに支払ってくれるのです。

空室をおこさない運用

しかし家賃保証はあくまでも一時の空室に関する保証制度です。長期間にわたる空室に対しては保証をしてもらえないケースがほとんどです。家賃保証は入退出を繰り返す場合の一時における家賃の穴を埋めるためのものであり、入居者が見つからない期間の保証ではないのです。そのため空室を生じさせないような運営管理をすることが求められるのです。空室をつくらないようにするにはその立地の需要があるかどうかが購入前の判断材料になります。需要がないエリアでは新築時の一時に入居者が集まってもその後の見通しが立ちません。入れ替わり入居者が希望するようなエリアを選択することです。また駅に近いなどの条件はできる限り妥協しないことです。