男性

アパート経営で節税する

相談

リスクを避けるには

更地にアパートを建てると土地の評価額が下がるため、固定資産税を大幅に節約できる可能性があります。また土地に賃貸用の建物が建っていると、相続税額を圧縮することもできます。特に目的もなく更地を所有しているなら、アパートやマンションを建てて節税するという方法が使えます。しかし賃貸住宅の経営には、空室リスクや入居者とのトラブルが付き物です。こうしたデメリットを回避する方法として、一括借り上げ契約が挙げられます。専門の不動産会社と一括借り上げ契約を結べば、入居者の募集や家賃の回収をはじめ、日常的な清掃やメンテナンスは全部会社に任せることができます。そのためアパートのオーナーは、何もせずに家賃収入を得ることができます。

立地条件を考えよう

節税のメリットは、地価が高いほど大きくなります。固定資産税も相続税も、都心の一等地であれば非常に大きな節税効果を期待できます。また、このように便利で人気の高い土地であれば、入居者が集まりやすく家賃も高くなるので、安定的な収入を確保しやすくなります。一括借り上げ契約にも適していると言えるでしょう。逆に地方で人口が少なかったり、集客施設が近くにないような土地は、もともとの地価が安いので、節税のメリットもあまり大きくありません。また入居者集めに苦労するので、将来は家賃収入が減る可能性もあります。一括借り上げ契約を結ぶなら、将来どれだけの収入が見込めるのか、契約書を確認することが大切です。良心的な不動産会社なら、契約書に細かい見積もりが記載されています。